*

管財事件になれば引っ越しはできない?

自己破産の申し込みをして、裁判所から同時廃止になるか管財事件扱いになるかが決まります。まだ、裁判所に申し込みをする前なら引越しをして住民票を移してから引っ越し先の都道府県の裁判所に申し立てることができます。すでに申し立てをして破産管財人が選定された場合は、引っ越しはできません。どうしても引っ越さないといけない場合は裁判所に許可をもらって許可が下りれば引っ越しが可能になります。

破産申し立て後、同時廃止ということになれば裁判所の許可は必要ありませんので自由に引っ越しが可能です。もし、事前に引っ越す予定がわかっているならその旨を弁護士さんに伝えた方がよろしいですね。

スポンサーリンク


関連記事

no image

破産には種類がある・・ 債務整理

インカムより支払が多ければ支払が滞ってしまい、何とか支払をするためにお金を借りる。で、来月こそ頑張っ

記事を読む

no image

解約払戻金について

自己破産申請に提出する書類の1つに解約払戻金があります。これは、生命保険に加入している場合、解約すれ

記事を読む

no image
解約払戻金について

自己破産申請に提出する書類の1つに解約払戻金があります。これは、生命保

no image
管財事件になれば引っ越しはできない?

自己破産の申し込みをして、裁判所から同時廃止になるか管財事件扱いになる

no image
家族の財産は関係ない!

弁護士の方が、私の母が離婚すれば慰謝料が入りそのお金を私の借金に充てれ

no image
同時廃止なら・・ 管財人・・

仕入にクレジットカードを使ったことを伝えると弁護士さんの表情が曇り、”

no image
自己破産 面談の日・・

面談の日、私は、どのような話になるのか、何を話せばいいのか、父親のお金

→もっと見る

PAGE TOP ↑